ポムのにこにこ音楽日記♪

ポムの音楽に関する日記です。時に「育児系」、「世の中に言いたい系」もあり・・・。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社の試験で駅3つ向こうの「大都市」へいった。



大都市?

っておもうほどの都市だが・・・久しぶりの県庁所在地はわたしにとって充分大都市だった。


まず、人がおおかった。

まぁ、大道芸ワールドカップ?とやらがやっていたから普段より観光客が多かったようだが。。。

それから、数年ぶりに立ち寄った「丸井」と「松坂屋」は完全に自分のお買い物圏からはずれていた。

まず、「丸井」は完全に場違いだった。

キラキラ輝くフロアとお買い物を楽しむ人種は私とは生まれも育ちもちがう別人種の生き物のようだった。

「えぇ~きょうとぉ~?おおさくわだったらいいけどぉ~」

と言うような口調の人間は日本人ではないとおもった。


そして「松坂屋」・・・・

とりあえず、人種的にはまだ「田舎ものにもやさしい店員」がいた。

「丸井」は店員も何人かわからない・・・

目の周りは黒いし、まつげは異常に長い・・・・。

とりあえず「ルイヴィトン」にはいってみた。

すぐ・・・・・でた。

場違い・・・・というより、中にいる人たちが「ルイヴィトン」を買いあさっている様子がどうにも好きではなかった。
もともと、ルイヴィトンのショップの店員は好きではない。
どうも「目線が高い」気がする。

「あなたたちはルイヴィトンのなにがわかって買うの?」

とでも、いいたげな目線が嫌い。

スキだから・・・・って理由で充分だと思う。

が・・・。
ヴィトンのキーホルダーを汚いデニムのポケットからチャラチャラ出し、唇にシルバーのピアス?を刺し、ジャラジャラのチェーンの先にはダミエ柄の長財布を無造作につなげて、彼女と一緒にヴィトンの新作のバックを手にしてみている。彼女も方も同じようだ・・・。

別にその人が、それで良いなら良いでしょう。
私はそういうのが嫌いなだけ。

ブランド物には命が宿ると思う。
決して安くないものだから、その物を買う時の気持ちを大切にしたい。


人にも酔って帰り道の電車の中・・・・

女子大生かOLの2人組みが私の前に座っていた。

一人は、ブランドや流行に身をつつみ、アクセサリーも流行を意識したものをつけていた。
もう一人は、アクセサリーはいっさい身につけず、着ているものもノーブランドかもしくは、ブランドだとしてもベーシックなものを着ていた。そして、持っていたバックが、使い込んだ感のあるダミエのバックだった。

この彼女、私より年下だったけど、見習いたいものをたくさん持っていた。

他人である私が彼女の性格なんか全然知らないけど、
すごく惹かれるものがあった。

オーラ・・・・かな?


アタシも彼女のようになりたい。


収穫あり。

スポンサーサイト
コメント

松坂屋の1F、婦人靴にいるオバサン店員は、僕のオカンです。(笑)
2006/11/05(日) 23:40:18 | URL | 与平 #-[ 編集]
そうなの!?
すごおい!!
現役デパガなのねっ!
ああいうところにお勤めの方々は何歳になってもきれいにしているからいいよね。
やはり、人に見られている仕事をしている人はきれいだよ。
2006/11/06(月) 19:58:30 | URL | ポム #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nikonikoongaku.blog50.fc2.com/tb.php/132-a0e0460c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。